スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲劇の台湾総統選挙⑤~台湾民主化は誰の為の闘いか?~

台湾二日目、フロントに『自由時報』をお願いすると日本からの応援メッセージが一面広告に載っている。
出発前に、西村先生の事務所にご挨拶に寄った時にお誘い頂いて僕も協力させて頂いた全面広告だ。
西村眞悟先生のお名前はもちろん、平沼赳夫先生、都議会からも高木啓先生・土屋たかゆき先生・古賀俊昭先生・田代ひろし先生・吉田康一郎先生、東村山市議の野田数先生、若者が未来を変える会の記念シンポジウム講師にも来て頂いた佐藤守元空将など、日頃よりお世話になっているの先生・諸先輩方のお名前が並ぶ、呼びかけの期間は実質2日程しかなかったこの応援広告だが、これほど多くの日本の仲間達が台湾を愛し、また大切に思っているのだと思うと、胸が熱くなる。

早速その新聞を持って、新店のカオルと合流。彼女が日本滞在時に会った先生の名前もあり、とても喜んでくれる。

そこから、溢れる緑と透き通った川や湖を見ながら彼女の運転で台北のカオル宅へ。台湾は国際免許での運転が出来ない為、まさかタクシーやバスなどの公共の乗り物以外には乗れるとは思っておらず、貴重な初体験。

途中に山道を通ったが、この道でさえ国民党の青い大きな看板が目立つ。彼女曰く、この後郊外に進むとより多い、原住民の方などは皆国民党に買収されてしまっているとのこと。

暫く、走ってお宅へ到着、お父さんお母さんも出迎えて下さる。
庭でお茶を頂きながらお父さんお母さんのお話を伺うと、お父さんは学生時代にドイツに留学、現在は台湾と沖縄の地方政治を研究しながら市内の大学で教鞭をとられているとのこと、お母さんも学生時代に早稲田大学への留学の機会を得たが、お父さんと一緒になった為、ドイツ留学に動向したそう。毎週1回のNHK歌謡ショーが楽しみでと日本の歌も披露して下さった。
家の中には、美術を専攻なさっていたお母さんの絵画と、手作りの大きな赤い鯉のぼりがあった。「日本には黒い鯉のぼりもあるけど何故?」と尋ねられたので、「江戸時代では最初真鯉(黒)だけを飾っていたが、明治時代に入り真鯉と緋鯉(赤)の組み合わせが始まり、現代に近づく中で、家族を表すようになり、青や緑の子供の鯉も共に掲げるようになりました。だから、黒い真鯉はお父さん鯉のぼり、赤い緋鯉はお母さん鯉のぼりですよ。」とご説明すると、「では私の家は子供が三人姉弟だから、あと三匹必要ですね。」と笑われていた。

若い時より海外に留学され外の世界を見てきたご夫妻にとって、中国国民党の蛮行は身を持って知った恐怖であり、子供達の未来の為にも台湾の民主化継続はなくてはならないもの。部屋の中には、民進党の旗や台連の旗が置かれており、今回の選挙に向けて16日に台湾国民120万人以上が参加した民進党の全国同時集会にも参加してきたそう、先にも登場した日本からの応援広告にも既に目を通されていて、とても喜んで御礼を言って下さった。台湾では、本籍地での投票が義務付けられている為、22日の投票日には家族で台中の本宅へと戻るそうで、車で帰るから大変ともおっしゃっていた。
これは、海外に在住の台湾人にも同じことが言え、投票の度に帰国しなくてはならない。この費用はバカにならないなと思った。
以前、台湾に詳しい政治家の先生に伺ったところ、日本から投票の為に帰る人は民進党支持者が多いが、同程度の数の国民党支持者がアメリカから帰国するので、票差には響かないとおっしゃっていたのを思い出して、本視察の間に色々な方に同様の質問をしてみたところ、「こちらは自費で帰らなくちゃいけないが、あちらは援助がでるでしょ。同じ条件じゃないよ」との答えがいくつか。こちらとあちらがどこを指すのかはご想像にお任せするが、ここでも資金力の差が大きく出ているなと痛感。こちらもそう(買収)すべきとは思わないが、在外投票や不在者投票がなければ、本当の民主主義選挙とは言えず、台湾の意思を正確に示すものにはならないのだと思う。

今、不在者投票ということを話したが、これも台湾の民主化を妨害し真の民主主義選挙の成立を拒んでいる一因となっている。台湾の投票は16時まで、これは被雇用者やアルバイトをする若者世代の投票意思を大きく妨げているようだ。投票時間の延長や不在者投票の実現はもちろん、これまでも何度も議論されてきたが、議会与党の頑なな反対で未だ実現をしていない。彼らの言い分としては、その為に投票日は公休が取れる法律になっているというが、実際はそんな事認められてないも同然だというアルバイト学生もいた。
以前に「無党派層は(投票日に)寝てて下さい」と言って国民の不評を買った総理大臣がいたが、それが可愛らしい軽口にさえ見えるほど、この国の議会与党は国民の意思と民主主義を軽視・愚弄している。

因みに被雇用者階級と若者世代には圧倒的に台湾独立支持、民進党支持者が多い。万が一この選挙法改正が為されていれば、投票率は少なくとも10%は増大し、今回民進党の当落分岐と言われる82%の投票率を裕に突破し、このような悲劇が起こっていなかったのかもと思うと悔やまれる。今後は、政権と議会を共に中国国民党が握った状態ではより一層の国民軽視、独裁が始まるだ。彼らもバカではない、国民に気づかれぬよう、ゆっくりと水面下で権利を奪い、真綿で首を絞めるように台湾人と台湾を締め付けていくのだろう。

台湾人が今回の敗戦より立ち直り、誇りを取り戻す為に立ち上がった時に彼らの目の前に絶望的な高い壁が立ち塞がっているであろうことは想像に明るい。事実、彼らだけではその壁を乗り越えることは難しいだろう。しかし、彼らがその壁を越えずして、アジアの平和はありえず、日本の明るい未来は存在しえない。

台湾人の復活は、彼らの誇りを取り戻す闘いであると同時に、同じアジアの民としての友人台湾を思う良心を試され、強いては日本の明るい未来を切り開く為の自身の闘いであることも自覚しなくてはならない。


まだまだまだまだ続く
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。